なちゅは石川ピース

ピースの活動理念

ひととして当たり前の暮らしができる地域をつくる


ピースの紹介

2015年の発足以降、介護する側・される側双方にとってやさしいケアの啓蒙・普及のための技術研修を石川県下にて数多く実施してまいりました。しかしながら、「正しい技術だけではなかなか現場に広まらない」という状況を数多く目の当たりにし、自分たちの伝え方はもちろんのこと、しかるべき方々にケアが届くためには何が必要か、それがうまくいかない要因はどこにあるのか、誰に対してどのような提案や仕組みづくりが求められているのか、ということを否応なく考えざるを得なくなりました。目の前の一人ひとりの方を大切にし、安心して過ごしていただけるための地域づくりは、けっして平坦な道のりではありませんが、私たちにとって切り開きがいのあるライフワークであると思っております。

自分たちの暮らす地域が抱えている課題、置かれている状況、今後向かうべき方向について、さまざまな方々と一緒に悩み考えながら、石川の地でよりよい介護の未来をつくりあげていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。


主な活動

構成メンバーは主に石川県金沢市内にて高齢者施設や在宅での医療・介護および福祉用具啓発・普及に従事している医療・介護・福祉職であり、する側・される側の双方にとってやさしいケアのあり方を伝える研修や相談受付等を行っています。

また、床ずれ関連のさまざまな学会・研修・セミナーでの発信のほか、各種団体や病院・施設の研修依頼もお受けしております。



























活動実績

2015年 日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 床ずれケアセミナー(金沢市) タスク参加


2016年 日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 床ずれケアセミナー(富山市) タスク参加

介助技術職場定着モデル研修(金沢市社会福祉協議会) 技術研修協力


2017年 ほくりく福祉機器展(高岡市)開催

介助技術職場定着モデル研修(金沢市社会福祉協議会) 技術研修協力

石川県介護労働安定センター石川支部 介護技術講習会


2018年 ケアの未来を考えるワークショップ(金沢福祉用具情報プラザ共催)開催

日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 床ずれケアセミナー(富山市) タスク参加

石川県介護福祉士会 課題別研修


2019年 第5回日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 総会・学術集会(高岡市)介護劇実演

石川県介護福祉士会 課題別研修


2020年 日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会 中部・北陸地区床ずれセミナー 企画運営


連絡先

nhcn.kanazawa@gmail.com